紹介する人材|引退後・現役選手・体育会学生・応援企業をマッチング。【スポキャリドラフト&FA】

スポキャリドラフト&FA
  • twitter
  • facebook
  • 企業ご担当者様
  • お仕事をお探しの方

紹介する人材

求められる体育会人材。

■コミュケーション力が違います!
個人競技であっても、大会や試合など、人と人との交わりで、生きてきた経験が豊富。特にチームスポーツでは、普段から各個人の役割があり、個人が秀でても、勝つ事に繋がらない事も多く、どのように「団体のモチベーション」を維持していくか?は、チームの人間と関わりが大切であり、その経験側を、理屈でもなく無意識に備えている。

紹介する人材

■スポーツで鍛えた粘り強さが魅力です!
やはり勝ち負けの世界、チーム目標や個人目標で生きてきた経験があり、目標値に対しての集中力と計画性は備わっています。

■仮想社会を経験しています! 
これは、人間の本能の部分であるが、「隣の芝は青く見える」というように、人は生まれながらに、「ある種の不平等感」を持ち合わせている。スポーツは純粋に、「練習時間×能力」で、=「優秀な選手」になる訳でありません。例えば、バレー選手であれば、「身長が高い」と言った武器になる部分を、全ての選手が持っていませんし、その事により、「低い選手」は、「ある種の嫉妬」も覚えるでしょう。また、レギュラーを取られた選手は、「こいつが居なければ・・・」と違う嫉妬も経験するでしょう。そして常に活躍を求められた選手は「誰かやってくれよ。」と思いながらも、「自分が責任を取らなければ・・」とプレーしています。これは、「潜在的に、全ての人が持ち合わせている事」でありますが、社会活動においては、「現状を理解し、現状の組織や個人の能力を高める。」以外、解決方法はありません。この状況化を、理解し、精神的に解決方法を、全てのアスリートは、無意識に備えております。

体育会の人材はこんなところが違います!

サービスを見る

料金プランを見る

PageTop

お問合せはこちら